読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カズKINGの考えてること

起業失敗から20代前半で破産、ほぼニートになった男はパラサイト起業を始めた。

【太りづらい痩せ型体形の人へおすすめの増量法】めんどくさがりのガリガリが筋トレして11kg増量した話

muscle memory I

骨皮スジエモンと呼ばれ

僕はこの記事を書いてる現在63kgなんですが、
4年ほど前まで52kg前後しかありませんでした。

昔は痩せすぎて頬がこけ、
「骨皮スジエモン」なるあだ名までつけられたくらいガリガリ。

イメージでいうならガンジーみたいな感じ。
女子にガイコツ呼ばわれしたこともありましたね(増量したぞこの野郎w)

でも今は筋トレで胸板は厚く、
首も太くなり、
逆三角形の身体になりました。

なので今回は、僕が11kg増量するまでに役立った方法や考え方、失敗した方法などについて書いていきたいと思います。

増量失敗した方法

・食っちゃ寝

太る方法としてよく耳にすることが多いのではないでしょうか?運動なし、食べては寝てをひたすら繰り返し太ろうとする方法です。これは2ヶ月ちょっとやりましたが、ほとんど効果がありませんでした。もともと太りやすい体質の人はこれでも太れるのでしょうが、太りづらい痩せ型の僕にはまったく意味をなさなかった。お菓子もたくさん食べたんですけどね。

・自重トレーニング

食っちゃ寝が失敗したので、なら筋肉増やすしかねえと自重(自分の体重。腕立てやスクワット等)による筋トレをやり始めました。もともと剣道やスポーツ(球技以外)をやっていて、瘦せ型でも筋肉ついてる方だっから、その方が早いだろうと。これも3ヶ月以上やりましたが、筋量が増えた感はないしもちろん体重も増えませんでした。なによりめんどくさがりなので、あまり追い込めないし、自重トレやらない日も多かった。回数やるのが面倒。とにかくそれに尽きます。

プロテインの摂取

たんぱく質もっと取ろうと思い、プロテインを飲むようになります。が、当たり前ですがプロテインだけを飲んでも、筋肉がつくなんてRPGみたいな魔法は起きません。あくまでプロテインは補助食品なので、肉・米・魚などメインの食事あってのものです。それにこのときは筋トレもしていませんでしたから、身体的な変化は特にありませんでした。

増量成功した方法

・ウエイトトレーニング

ウエイトトレーニングに対して、僕は昔から偏見がありました。「あんなバーベルなんぞで作り上げた筋肉じゃ使えない。動きが悪くなる。」なんて思ってました。が、とある本を読んでこの考え方が変わり、ウエイトトレーニングをやってみる気になったのです。市内の体育館に誰でも利用できるトレーニングジムがあったので、そこでウエイトトレーニングをするようになりました。実際やり始めてからはこれが癖になってしまい、1年もあっという間に感じるほど継続できた。

ぼくが当時やっていたメニューはシンプルで

(重量は8回がギリギリになる設定)
1 ベンチプレス 8回を3セット
2 ラットプルダウン 8回3セット

3 スクワット 8回3セット
4 ハイクリーン 40kg 12回2セット
5 デッドリフト 80kg6回3セット

上半身と下半身の日に分けて週2回。
これを2年ほど続けました(今も通っています)

・並行して食事量を増やす。(米、肉、麺類、炭酸飲料)

ウエイトトレーニングと同時進行で、食事量も増やしました。トレーニングすると食欲も増えますから、当然といえば当然かもしれませんね。基本的には1日3食、米・肉多め、あと焼きそばやパスタなどの麺類も多めに食べてました。間食でピザやラーメンも。サイダーなどの炭酸飲料も飲んでいましたね。とにかく食べて、ウエイトトレーニングをするリズムを2年半ちかくつづけていたら、10kgほど増量していた感じです。ちなみにウエストは10cm以上細くなり、デニムはメンズで一番ウエストの細いものを着用しています。

ちなみに、僕がウエイトトレーニングをやるきっかけになり、増量成功する大元の原因を作った本がこの一冊です。