読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カズKINGの考えてること

起業失敗から20代前半で破産、ほぼニートになった男はパラサイト起業を始めた。

今までの職業経験を振り返る【高校~起業前夜編】

ふと気づいたら、
24歳の誕生日まであと2日ということで、
今までの職業経験を一通り振り返ってみようと思います。

 

かなり長くなるので、
今回は高校時代から起業前夜までの時期を書いていきますね。

 

 

 

高校時代

 

鉄工所

これは高校1年生のときですね。
まだ入学して3ヶ月経たないくらいの時期に始めました。

じいちゃんが勤めていた会社で、僕はその助手。鉄板の切断や溶接を手伝ったり、ヤマ〇キナビ〇コ工場内のシャッターや屋上等の補修もやってましたね。電動ドライバーとコーキングガンは僕の相棒です。

 

洋食レストラン(キッチン)

高校1年から2年のとき働いてました。
パスタは社員さんが作るので、


それ以外のハンバーグ(全種)、ピザ(全種)、サラダ(全種)、スープ、ポテトの仕込み兼調理担当と。

勤務内容は調理補助と書いてありましたが、補助なんてレベルじゃないですwパスタ以外全部作ってましたし。

 

気の荒い三十路独身女性店長が横暴すぎて、大体1日もたず皆辞めていきますwよく半年も続いたなと(最長記録らしい)。頭にきてバックレたw

 

ホームセンター(レジ・接客)

かの有名なケー〇ーデ〇ツーです。
高校2年の3学期から卒業まで勤めてました。

本当は接客業やりたくなかったんですけど、当時仲の良かったクラスメイトが応募したのでそれに便乗。当初はレジでお金渡すのに手が震えるわ、緊張の連続でしたね。

 

接客は苦手だしかなり忙しかったですが、社員さんがいい人達で職場環境は良かったし、楽しかった思い出があります。

 

 卒業後

 

製紙工場(ダンボール工場)

高校卒業して最初に就職したのが段ボールの製造工場です。当初は日勤という契約だったはずが、いつの間にか夜勤前提にすり替えられてました。作業員のほとんどが外国人で言葉も通じずバカにされまくり、4月29日頃を最後にバックレましたw

 

最後にロッカーを閉めるとき、脳内BGMが「さよなら傷だらけの日々よ」(B'z)だったことは今でも覚えています。

 

その後内容証明を送ったり、いろんなトラブルが起きて最後は1人で詫びを入れにいくという展開になったのもいい思い出ですw

 

雑貨屋

 今は亡き、雑貨屋ブルドッグに勤めていました。(現在は社名変更して不動産管理会社になった様子)

 

僕以外女性しかいなかったので、そういう意味では良い環境でしたねwレジが古くて入力が面倒くさいのと、ラッピングの手間さえなければもっと勤めていたかもしれません。他店の人手が足りなくて応援にいってたので、同時期に3店舗掛け持ちしてました。

 

応募した動機ですか?

 

店長がボーイッシュでタイプだったからですよ(笑)

 

町工場(タレットパンチプレス専属)

アメトークの「町工場芸人」でおなじみですね。

わりと近所の町工場に勤めていました。8時~17時のはずが激務で帰宅が深夜になることが多く、ひどい時は32時間ぶっ続けで働いたり、連続で月の残業時間が90時間越えるなんて有様。仕事してて意識が飛んだり、記憶が吹っ飛んだのもこの仕事が初めてでしたね。

 

あまりのストレスに毎晩飲み歩くようになり、


【仕事→飲み歩いてクラブで踊る→仕事→また寝ないで飲み歩く、踊る→寝ないで仕事】まるで吉川晃司のような生活リズムを送ってました。今は無理。

 

ちなみにタレットパンチプレスとはこんな機械です。


(株)ワクイ「アマダ製タレットパンチプレスEMK 3510NT

 

 通称タレパン(かわいいw)

 

ここの会社は19歳まで勤めてました。
ちょうど1年くらいかな。

 

その後退職し、上京&起業することになります。

 

 

まとめ

 

書いていてノスタルジックな気持ちになりますね。
ちょっと不思議な感覚w


また気が向いたら続きを書くかもしれません。